クレジットカードの不正使用を目的とした窃盗、偽造、詐欺被害等の手口や被害に遭わないためのポイントを紹介いたします。

スキミング

スキミングとは、クレジットカードの磁気データを特殊な読取装置で盗み取り、別のカードにコピーして不正使用する犯罪行為のことです。

スキミングの手口

スポーツクラブ等店舗内のロッカーや飲食店内に掛けた上着等からカードを抜き取り、磁気データだけを 即座にコピーしてカードを戻した後、コピーした情報で別のカードを作り、不正に使用する手口のことです。その結果、盗み取られたデータをもとに偽造カードが作られ、不正使用される被害が発生しています。

  • カードは長時間、お手元から離すことのない様、十分お気をつけください。
  • カードはご本人様が厳重に管理くださいますようお願いいたします。
  • 店頭でカードご利用の際には目の前で支払手続きをしてもらうよう心がけることも大切です。
  • ご利用代金明細書は必ず確認しましょう。
  • カードそのものが盗まれていなくても車上荒らしや空き巣の被害にあったときは、 紛失・盗難専用ダイヤルまでご連絡ください。
  • 暗証番号は容易に第三者に推測されない番号にしてください。

架空請求

利用した覚えのない利用料を請求し、不当に振込ませようとすることです。

架空請求の手口

不特定多数に宛てたメールの手口
メールに記載されているURLにアクセスするとアドレスが相手に認識されてしまい執拗な請求メールが届くようになります。また、ハガキの手口と同じように身に覚えのない料金請求のメールが届く場合もございます。
これはハガキとは異なり何度も請求が届くので心理的不安が大きく、安易に振込んでしまうケースが多いので気をつけましょう。
有料サイトによるワンクリック詐欺の手口
「18歳以上ですか?」で「はい」をクリックしたり、無料サンプル画像をクリックしただけで請求画面が現れます。
これは利用者を不安にさせて短期間でお金を振込ませる手口です。請求書に書かれているIPアドレスやプロバイダから個人が特定されることは、まずございません。
信用調査会社を騙る手口
信用調査会社を騙り「あなたの個人情報がヤミ金業者のリストに登録されています」等過去を公表する等の口実で文書を送りつけ、漏洩情報の抹消費という名目で請求します。
信用性のある名前で騙す手口
弁護士や法律事務所、裁判所を名乗ったり、公的機関を思わせる業者名を騙り、利用した覚えのないサービスの代金をメールや手紙、電報等で請求する。

身に覚えのない請求がきたら、詳しい個人情報を相手に知られないためにも連絡を取ったりせずに、また支払いをしたりせず、最寄りの警察や各地域の消費生活センターへご連絡ください。

悪徳商法

悪徳商法とは、悪意のある詐欺的な手法で消費者を騙し、不当な利益を上げる商法のことです。

悪徳商法の手口

訪問販売・点検商法
無料点検や公的部署からの訪問であるかのように装って、工事契約や商品・サービスの購入を迫ります。
マルチ商法
友達を誘うだけで簡単に儲かるという話には要注意!
講座・士(資格)商法
「受講するだけで簡単に資格が取れる」「もうすぐ国家資格になる」等と言って、しつこく勧誘し、講座や教材の契約を迫ります。

うまい話には落とし穴があります。甘い誘いには乗らない、ついて行かない、はっきりと断る勇気を持ちましょう。少しでもおかしいと思ったら、最寄りの警察や各地域の消費生活センターへ相談しましょう。

債権取立て詐欺

「債権譲渡を受けた」 「債権の回収の委託を受けている」 「金を払え」等の内容で 電話や電報、メール等により不当に金銭を要求する手口です。
当社はこのような悪質な者に対して債権を譲渡したり、取り立てを委託することは一切ございません。 不審な電話、電報、訪問等の要求に対してお支払い等されないよう、十分お気をつけください。
また、被害にあわれた場合は速やかに最寄りの警察や各地域の消費生活センターへご連絡ください。

クレジットカードのショッピング枠の現金化にご注意ください

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とうたった広告を、新聞・雑誌・看板・インターネット等で見かけますが、これらの決済にクレジットカードが利用されていることがございます。このような取り引きは換金目的であり、会員規約に抵触することから、決して利用しないでください。このような利用をしているとクレジットカードがご利用できなくなることがございます。

消費者庁や、一般社団法人日本クレジット協会でも「クレジットカードのショッピング枠の現金化」について注意喚起を行っています。
詳しくは、下記をご確認ください。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は厳禁です!!

ポケットカードを名乗る金融詐欺業者にご注意ください

「ポケットカード」および関連企業の名前を騙り、「ポケットカードは即日発行」等と「ご利用申込書」を送りつけ、 融資を勧誘する内容のご案内があったというお問い合わせをいただいております。

確認されている事業者名・住所・電話番号

(株)ポケットカード

0120-630-927
東京都台東区松が谷4-12-4 セントラルビル12階

ポケットバンク

TEL:03-5330-8232/FAX:03-5330-8233
東京都新宿区西新宿1-1-2 タワーセンチュリー

架空請求業者は上記のような口実で言葉巧みに支払いを請求してきますが、 当社ではこれらの理由による請求や、当社名義・当社宛名以外への送金をお願いすることは一切ございません。 お客様におかれましては、十分にご注意をいただきますとともに、身に覚えのない不審な請求等がございましたら、 ポケットカードお客さまセンターへお問い合わせいただきますようお願いいたします。

当社の名を騙る詐欺行為「P-one business カード プラス」にご注意ください。

最近、当社名を騙り、事業者向け「優遇金利の融資」と称したFAXや、電話により、 「融資にあたっての『認証料』や『保証料』を事前に振込んで欲しい」と誘導し、金銭を詐取しようとする 詐欺事案が発生しています。
当該のFAXや電話は、当社とは全く関係ございませんので、 決して連絡を取る等の行為は行わないようにご注意ください。
万が一、直接、連絡を取ってしまった方や被害に遭われた方は、最寄りの警察や各地域の消費生活センターへご連絡ください。

現在、判っている当該業者の電話番号

TEL:03-6893-6800 / FAX:03-6893-6801