年収の3分の1を超える貸付が禁止されています。

ポケットカードのお借入れだけでなく、他社の貸金業者からお借入れがある場合は、すべてを合わせた合計金額が対象になります。各クレジットカード会社・消費者金融会社・信販会社等からの無担保(住宅ローン・自動車ローン除く)のお借入れ合計が年収の3分の1を超える場合は、新規のキャッシングサービスのご利用の停止やキャッシングご利用可能枠の引き下げ等、キャッシングサービスのご利用が制限されます。

収入証明書のご提出が必要です。

ポケットカードのキャッシングご利用可能枠(または当社からの借入れ額)と他社のお借入れ残高の合計金額が100万円を超えている場合や、新たに50万円を超えるキャッシングご利用可能枠の設定をご希望される場合には、収入証明書のご提出が必要です。

  • 専業主婦(主夫)の方等、ご本人様に収入がない場合は収入証明書のご提出は不要です。
  • 「お勤め先・ご年収」のご登録がない場合や「収入証明書」をご提出いただけない場合は、新たなキャッシングのご利用を一時停止させていただく場合がございますのでご了承ください。

収入証明書のご提出

ご提出方法は、インターネットまたは郵送がございます。

インターネット(会員専用ネットサービス)でのご提出方法

収入証明書のコピーや郵送の手間がなく、画像データをアップロードして24時間いつでも簡単にお手続きできます。

  1. 携帯電話やデジタルカメラ等で撮影した収入証明書の画像データを保存します。
  2. 会員専用ネットサービスの「登録情報照会・変更」メニューの「収入証明書ご登録」画面より、保存した画像を送信してください。

携帯電話やデジタルカメラ等で収入証明書を撮影する場合は、接写モードで撮影をしてください。
画像形式:JPG、GIF、BMP、PNG/サイズ:1ファイル2MB/ファイル添付最大数:5ファイルまで

郵送でのご提出方法

お届け用紙と返信用封筒を印刷し、お届け用紙に収入証明書のコピーを貼付してご返送ください。

ご提出いただく収入証明書(コピーをご送付ください)

  収入証明書 記載必須事項
正社員・
公務員・
契約社員・
派遣社員・
パート・
アルバイトの方
源泉徴収票(最新発行のもの)
1年間(1~12月)における給与の支払額・所得税の源泉徴収額を証する書類で、毎年12月頃に勤務先から発行されます。勤務先に申請すれば、再発行も可能です。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 「支払金額」欄に金額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
給与明細(直近の連続2ヶ月分)
勤務先が社員に給与を支払った明細(1ヶ月単位)が記載された書類です。
  • 勤務先名称の記載があるもの
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 給与額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 発行日の記載があるもの
  • 直近の連続2ヶ月分をご提出ください。
課税証明書(所得証明書)
証明する年の1月1日時点の住所地の市区町村の窓口で交付手続が可能です。
(自治体によって異なりますが、手数料が300円程度かかります。)
  • 「所得証明書」あるいは「収入証明書」と呼ぶ自治体もございます。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 所得金額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
納税通知書(収入額の記載があるもの)
住民税を納めている自治体の課税を担当する課(納税課等)から納税者に送付される課税内容が記載されている通知書です。毎年6月頃に送付されます。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 収入額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
  収入証明書 記載必須事項
自営業・自由業の方 確定申告書
1年間(1~12月)の所得と源泉徴収額を申告し、税額を確定させる申告書です。通常、毎年3月15日までに税務署に提出します。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 収入合計額の記載があるもの
  • 課税額の記載があるもの
  • 最新の発行のもの
  • (手書きの場合)税務署の受領印があるもの
支払調書
取引をした個人事業主に対して、企業が支払った報酬の明細を記入して税務署に提出する書類です。1月~2月に各企業より個人事業主に送られてきます。
  • 企業によっては送らないところもあります。各取引先企業へご確認ください。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 「支払金額」欄に金額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
課税証明書(所得証明書)
証明する年の1月1日時点の住所地の市区町村の窓口で交付手続が可能です。
(自治体によって異なりますが、手数料が300円程度かかります。)
  • 「所得証明書」あるいは「収入証明書」と呼ぶ自治体もございます。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 所得金額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
納税通知書(収入額の記載があるもの)
住民税を納めている自治体の課税を担当する課(納税課等)から納税者に送付される課税内容が記載されている通知書です。毎年6月頃に送付されます。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 収入額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
  収入証明書 記載必須事項
年金受給者の方 年金証書
裁定請求手続きを行ってから約2ヶ月ほどで送付され、用紙の上部が「年金証書」、下部が「裁定通知書」になっている書類です。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 収入金額または支給金額の記載があるもの
  • 発行元または支給元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
年金通知書
1年間の年金支払予定を記載した書類で、毎年6月頃に社会保険事務局等から発行されます。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 収入金額または支給金額の記載があるもの
  • 発行元または支給元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
課税証明書(所得証明書)
証明する年の1月1日時点の住所地の市区町村の窓口で交付手続が可能です。
(自治体によって異なりますが、手数料が300円程度かかります。)
  • 「所得証明書」あるいは「収入証明書」と呼ぶ自治体もございます。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 所得金額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの
納税通知書(収入額の記載があるもの)
住民税を納めている自治体の課税を担当する課(納税課等)から納税者に送付される課税内容が記載されている通知書です。毎年6月頃に送付されます。
  • ご本人様のお名前(フルネーム)
  • 収入額の記載があるもの
  • (手書きの場合)発行元の押印があるもの
  • 最新の発行のもの

注意事項

  • 収入源が複数ある場合は、すべての収入が記載された書類をご用意ください。
  • ご提出いただいた書類は返却いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 書類に不備がある場合は、書類を再度ご提出いただくことがございますのでご注意ください。
  • ご提出いただいた収入証明書に基づき、当社に登録のお勤め先を変更させていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • ご登録の住所・勤務先・年収等に変更がある場合には、必ずご変更のうえ、ご提出ください。
  • 収入証明書は原本ではなく、コピーをお送りください。

キャッシングについて(貸付条件)

  • ご融資利率/実質年率 4.40%~17.95%
  • 返済方法/元利一括払い・リボルビング払い(残高スライド元利定額方式、元利定額方式)
    ※海外ご利用分はリボルビング払いとなります。
  • ご利用可能枠/500万円以内(要審査)
  • 返済期間・回数/1カ月~59カ月・1回~59回
    ※ご利用可能枠内で新たに借入をされた場合や臨時返済をされた場合は、 ご利用残高が増減するため、返済期間、返済回数は変更されます。
  • 遅延損害金/実質年率19.94%
  • 担保・保証人/不要