クレジットカードのポケットカード株式会社

証券コード:東証第1部 8519

English

個人投資家の皆様へ クレジットカードの仕組み
文字サイズ指定 小 中 大
  • トップメッセージ
  • 財務ハイライト
  • IRライブラリ
  • IRカレンダー
  • ニュースリリース
  • 株価情報
  • 配当
  • 株主優待制度
  • 株式書手続き
  • 株主総会情報
  • ディスクロージャーポリシー
  • 第30期 年次報告書
クレジットカードの仕組み
現在、国民一人当たり2枚以上所有していると言われるクレジットカード。利用範囲も通常のショッピング利用からインターネットショッピングや保険料・公共料金の支払いなどへ拡大し、私たちの生活に欠かすことのできない便利な決済ツールとなっております。しかし反面、クレジットカードビジネスの構造や決済のしくみについては意外と知られていないのが実状のようです。ここでは、クレジットカードの基本的な仕組みについてご紹介します。
ポイント1 クレジットカード契約の仕組み   ポイント2 システムの仕組み
いつも何気なく使っているクレジットカード。でも、このカードがお金と同じように使えるのは、様々な契約の力が働いているからなんです。
まず一つ目の契約は「加盟店契約(立替払契約)」。カード会社とお店(加盟店)が結ぶ契約で、加盟店はクレジットカードを利用する人に対して現金と同じ様に商品・サービスの提供を行うことや、カードの利用代金はカード会社が会員に代わって加盟店に支払うことなどが取り決められています。
二つ目の契約は「会員契約」。これはカード会社とカード会員が結ぶ契約で、カード会社は会員に対しクレジットカードを貸与すること、会員はカードを適切に管理・使用すること、その他支払い方法の種類、金利・手数料等について取り決められています。
「会員契約」と「加盟店契約」。この二つの契約の存在により、お店でクレジットカードを提示するだけで、手軽に商品やサービスの提供を受けることができるんです。
  お店でクレジットカードを提示すると、ピッと機械に通して売上票が出てきてサインをしたら決済完了!なのですが、この短いやり取りの間に実は様々なシステムが働いているんです。
安全なクレジットカード決済を行うには、お店で提示されたカードが盗難や紛失、成りすましなどの不正によるものでないか、決済ごとにしっかりと確かめる必要があります。
これを行う上で活躍するのが、お店でよく見るカード決済の端末。機械名称を「CAT(キャット)」と言うのですが、カードをこの機械に通して売上票が出てくるまでの数秒間に「CAFIS(キャフィス)」と呼ばれるネットワークシステムを通じて、「このカードが無効カードでないか、有効期限は切れていないか、利用限度額は超えていないか」などの信用照会をカード会社に行い、決済が適正なものであるかを毎回チェックしているんです。
目に見えないところで働くCATやCAFISなどのクレジットカードシステムによって、健全なクレジット社会が守られているんです。
ポイント2 システムの仕組み
ポイント3 クレジットカード券面の仕組み
何の変哲もないプラスチィックのカード。でもその1枚のカードの中には、カードの偽造防止や世界中どこでも一目でクレジットカードだと認識できるための様々な工夫や技術が詰まっているんです。
このページでは、クレジットカード券面に潜む様々な仕組みをご紹介します。