ヘッダ画像
環境保全活動
前ページへ戻る次ページへ進む

環境問題への取り組み

当社は「Fun to Share」に参加し、低炭素社会づくりへの取り組みを行っています。
・クールビズ・ウォームビズの実施 ・ゴミの分別ならびにリサイクルの推進 ・グリーン購入の推進
・節電、節水 ・社員教育、地球温暖化防止活動の参加


資源問題への取り組み

お客様から頂いたご意見をもとに、お客様にお送りするご利用明細書の封筒を従来のもの(一部不燃部分がある)から、すべて燃えるものに2008年12月より変更しました。
今後さらに環境分野でもお客様からの声を生かし、積極的に取り組んでまいります。 その他「オンライン明細」の推進、社内コピー用紙の再生紙使用完全化に取り組んでおります。


新P-oneカード画像
植林活動への取り組み

当社発行の「P-oneカード <Standard>」と「P-one FLEXY」、そして「P-one Wiz」は、ご利用代金明細書のお届けについて、WEB明細書を基本設定とし、WEB明細書発行1件あたり5円を認定NPO法人FoE Japanの実施するマングローブ再生プロジェクトに寄付をしています。オンライン明細による紙の削減により、森林保全への貢献となるだけでなく、インドネシアの島々のマングローブ再生プロジェクトへの協力につながります。 2016年度はマングローブ約7,000本分の寄付をしております。

新P-oneカード画像
マングローブの苗木を植林する若者たち
新P-oneカード画像
「海のゆりかご」と呼ばれるマングローブ林

itsumoカード画像
クレジットカード素材の一部PET−G※化

当社では、環境問題やCSR活動に積極的に取組んでいる企業である「伊藤忠エネクス株式会社」との提携カード「itsumo(イツモ)カード」に、カードに使用される原材料を焼却してもダイオキシンが発生しないPET-G素材を導入しています。

※PET-Gとは:カードには、長い間「ポリ塩化ビニル樹脂(塩ビ=PVC)」が使用されてきました。塩ビは燃やすと環境に有害なダイオキシンを発生するため、近年は塩ビに代わりポリエチレンテレフタレート(PET)」という素材を使うようになりました。「PET」というのはその名の通り「ペットボトル」などに利用されている素材です。PET-Gは前出のPETをさらにやわらかく加工しやすく進化させた素材で、燃やしても有害物質を発生しない点が優れています。